徳永・松崎・斉藤法律事務所

お知らせ

<法務トピックスvol.2>
二重派遣に対する労働者派遣事業改善命令がなされました

2017年09月04日更新

厚生労働省沖縄労働局は,8月9日,労働者派遣事業を営む事業主Xに対して,労働者派遣事業改善命令の処分をした旨発表しました。

発表によると,事業主Xが,派遣元Aから受け入れた派遣労働者(雇用関係はAとの間にのみあります)を,B社に供給し,供給先Bの指揮命令のもと業務に従事させるという,いわゆる「二重派遣」を行っていた(A→Xの労働者派遣及びX→Bの労働者派遣)ことが処分の理由となっています。

A→Xの労働者派遣については,「業務委託」と称する契約で行われていたようですが,その実質から労働者派遣に該当すると判断されています。

参考:厚生労働省HP

ページトップへ戻る