徳永・松崎・斉藤法律事務所

お知らせ

<法務トピックスvol.13>
会社の通報窓口に関する最高裁判例

2018年03月13日更新

平成30年2月15日,最高裁は,子会社でのハラスメントに関して親会社の通報窓口に通報がなされた場合において,具体的状況によっては,親会社にも適切に対応すべき信義則上の義務を負う場合がある,との判断を示しました。

しかし,当該事案では,親会社が事実確認等の対応をしなかったとしても,賠償責任を負うことはないとして,親会社に220万円の賠償を命じた高等裁判所の判決を取り消しております。

参考:最高裁判例

ページトップへ戻る